無意識とのコミュニケーション

「易」は単なる占いではありません。「易」をやりながら自分の「直感」の擦り合わせを行うことで感性が磨く事ができるようになります。

そして、その目的は表面意識での判断を優先するのではなく、
「無意識」との対話を行い、本来の自分自身にある「直観力」を鍛えるというものです。

どんな机上の理論展開も、ビジネスモデルも、データによる結果も、あくまで「考えたこと」。
考えたことが「間違っている」ということではありません。よく考える一方で、人間にはロジックを超えたロジック「スーパーロジック」が備わっていると言われます。

理屈ではわからないことが、易経を学ぶと理解できるようになります。
「どうすれば成功するのか?」
「これをやったらどうなるのか?」
「この人との関係はどうなるのか?」

「易を学べば人生に大過なし」と言われるように、これらの大切な分岐点での選択肢をどうすれば良いのか易は教えてくれます。

西洋で易経は “The Book of Changes”(変化の書)

易経は西洋でも古くから注目され“The Book of Changes”(変化の書)と呼ばれてます。
成功も永久には続かないが失敗も永久には続かない・・・全ては必ず変化していくものです。
心理学者のユング、ジョセフ・マーフィー、安岡正篤などの多くの著名人が最終的に到達した書物が「易経」です。

人間の成長には「変化」が欠かせません。しかし、時にその「変化」は人生においてこれまでにはない努力を必要としたり、つらい選択をしなければならない事もあります。
しかし、易経をマスターすることで様々な選択の悩みから開放されるようになり人生でのエラーを減らすことができるようになります。